工業用アルミ型材はどう組み立てたら丈夫になるのか

発表日:2022-04-06 アクセス数:1544

工業アルミ型材の組み立ては、主に型材と型材の間の接続であり、フレームやプラットフォームなどの物体に接続される。それらを連結する際には連結締付の部品を使って補強し、完全に連結する必要があり、その中にコーナー、支柱、ネジなどが使われます。形材接続溝にコーナーや支柱を入れ、それに対応するネジで締めるだけです。

工業用アルミ型材は、外部の組み立てで連結させることができるほか、内部の部品を内蔵することもあります。2段の型材を内部に直列につなぐ部品として、接続を内蔵することで型材の仕上がりをより強固にすることができます。


アルミ型材の接続方式は自由に選べますか?


工業用アルミ型材の接続方式はいろいろあり、コーナー接続、内六角ボルト接続、内蔵接続接続、アンカー接続ピン接続などが使用できます。それでは工業用アルミ型材の接続方式は自由に選ぶことができますか?答えはダメです。


1 .アルミ型フレームにパネルを取り付ける場合、接続方式を自由に選べない。一般的には内六角ボルト接続またはアンカ式接続ピン接続が使用される。


2、工業用アルミ型材の規格と溝幅の多くの種類があり、使用するアルミ型材の部品も区別されているので、工業用アルミ型材の接続方法も同じではないかもしれないが、もちろん、任意に選択することはできません。


3、工業用アルミ型部品の使用材質も異なっていて、耐えることができる重量も異なっていて、アルミニウム型フレームの荷重に応じて工業用アルミ型部品を選択して、使用する接続方法も異なっています。